読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お家でご飯を食べる習慣をつけたい

食べるの大好き。でもずぼらでぐーたら。自炊が続かないのに外食が続くと罪悪感が出てくる。毎日の食事を記録して家食の習慣化を試みます。

【旅行】函館に行ってきました。その2

その1のつづき。

 

ホテルで3時間ほど休んだら腹痛もおさまってきたので、松前から戻ってきた旦那と函館駅で合流しました。

 

さて、夕飯をどうしようか。(腹痛いのにまだ食べる)

北海道で有名な回転寿司の函太郎に行きたいなーと思っていたのですが、調べてみたら函館駅から歩いて行けそうな距離にはなかったので断念。

他のお店を調べてみたら、ベイエリア付近に人気の回転寿司があったので、そちらに行ってみることにしました。

f:id:issyokunyukon:20161009202850j:image

ちょうど夕飯時だったので、お客さんがたくさん。

30分以上は待ったかな。

外国人の方や家族連れなど、いろんな方で賑わっていました。

 

 肝心のお寿司はというと、ネタが大きくてとっても美味しい。

値段も安くはないですけど、東京で食べる魚とはネタの大きさも新鮮さも、やっぱり全然違います。

お客さんがたくさんいて落ち着かない感じはありますけど、静かな中でお上品なお寿司食べるより全然良い。

わざわざ東京で高い金払って生もの食べることない!と思わされました。

 

お店を出たら、夜のライトアップされたベイエリアを散策。 

f:id:issyokunyukon:20161009202908j:image

 前日に函館山からみた夜景は、このライトたちによって作られているのですね。

地上で見てもいい感じ。

写真の上部にぽわっと見えてるところが函館山と思われます。

 

 ホテルに戻るにはまだ早いので、昼にいった元町教会群まで散歩することにしました。

こちらはカトリック元町教会の夜の姿。

f:id:issyokunyukon:20161112144305j:image

うん、夜景に貢献する観光用ライトアップが素敵ですね(棒) 

 

お昼に腹痛で断念したところも散策しました。

こちらは旧函館区公会堂。国の重要文化財のようです。

f:id:issyokunyukon:20161009202917j:image

昼間なら中の見学もできたのになー…惜しいことした。 

この旧函館区公会堂は、港を見下ろす高台にあり、かつての函館行政の中心地でした。

江戸時代に国際貿易として函館港を開港し、この近くに多くの外国人が住み始めたことから、和洋混在の異国情緒あふれる街並みが形成されたようです。

 

というようなことを、昼間に散策しているときに頭に入っていればなぁ。

お腹が痛くてそれどころではなかったですけど。

 

ぶらぶら歩いて満喫したのでホテルに戻り、2日目の観光を終えました。

 

さて、3日目は五稜郭の観光です。

お昼の飛行機で東京に戻るので、のんびりしている暇はありません。

でももう函館で海鮮を食べるチャンスがないので、朝からまた函館朝市に行きましたよ。 

  

f:id:issyokunyukon:20161009202940j:image

昨日より人が少ないかな?

ネットに載っていたカニ饅をいただきました。 

f:id:issyokunyukon:20161009202949j:image

中の餡は、カニのほぐし身とカニ味噌を混ぜ混ぜしたもの。

思った以上にカニ感があったので満足しました。 

 

もちろん朝ごはんもちゃんと食べます。

f:id:issyokunyukon:20161009203000j:image

サーモンといくらとカニの三色丼です。

北海道といえばカニと思っていましたが、より北の方が美味しいカニが食べられるそうで、函館は別にそんなに…って感じみたいです。

カニ文化とは縁がなかった私からすれば十分美味しかったですけど。

 

腹ごしらえが済んだので、路線バスで五稜郭タワーへ向かいます。 

f:id:issyokunyukon:20161009203015j:image

通天閣みたいなタワー。

2006年にこの新しいタワーに建て替えられ、高さは100mくらいあるらしいです。

2階の展望台からは、星形の五稜郭を見ることができます。 

f:id:issyokunyukon:20161009203023j:image

秋晴れが良く似合う、素敵な景色。

 

タワーの中にはカフェもあり、開放的なスペースでのんびりお茶をすることもできます。

f:id:issyokunyukon:20161009203033j:image

前日まで腹痛で泣いていたのにジェラートを食べるとは懲りないやつ。

いいんだ、もう帰るだけだから…。

 

タワーを降り五稜郭公園も散策します。 

ついでに百名城スタンプもゲットしました。

f:id:issyokunyukon:20161009203046j:image

こちらは2010年に復元された箱舘奉行所

中を見学することもできます。

この箱舘奉行所の復元は、調査機関を含めて約28年の歳月がかかったとのこと。

五稜郭にあった建物のほとんどは、箱舘戦争後の明治4年に解体されてしまったらしく、10年も使われていなかったようです。

なんかとんでもなく勿体ない。

 

開港後たくさんの異国の人間が来たことで、未知なる西洋文化が流れ込んだかと思ったら、今度は旧幕府軍が流れ込み、近代日本の終わりとも言える歴史的な戦争が起こり…激しいところだったんだなぁ函館。

 

五稜郭を 満喫したので、少し時間は早いですがタクシーで空港に向かいます。

タクシーの運転手さんは観光客慣れしている風で、函館のことをいろいろ教えてくれました。

wiki五稜郭タワーには、今は解体されてしまった昔のタワーの写真が載っているとか)

 

飛行機まではまだ時間があると言ったら、函館空港近くのソフトクリームが美味しい牧場に連れて行ってあげると言われまして、なすがまま到着。

f:id:issyokunyukon:20161009203109j:image

なんか最終日にして一番北海道っぽいところにきたかも。

 

ソフトクリームうまーい。 

f:id:issyokunyukon:20161009203116j:image

本日アイス2個目。腹痛になってもいいんだ。 

 

牛に乾草を与えることもできました。

f:id:issyokunyukon:20161009203129j:image

子供に混じって遠慮なく餌やりをするオーバー30。

 

30分くらいのんびりして再びタクシーで空港へ。

タクシー代は5000円でした。

牧場寄らなきゃ2000円くらいだったのに。

この商売上手め。

 

今まであんまり興味がなかった北海道ですが、天気も良く、美味しいものに囲まれて十分満喫することができました。

道南の端っこなので、ほんとにごく一部ですけど。

f:id:issyokunyukon:20161009203140j:image

空港で買ったご当地サイダー。 

 

函館だけでなく、また違う北海道にも行ってみたいと思います。